FC2ブログ
Blackstrawberry日記のログ倉庫
blackstrawberry.net内の日記過去ログを公開・保存するブログ。 日々の出来事や更新内容・最近の活動について・時事ネタなど。 最新日記は http://www.blackstrawberry.net/yoshida.html
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電車とか犬とか
 今日で五月もおわり……
六月も漫画の発売がたのしみです。まず1日はバケルくん、のんきくん、怪物くんのぴっかぴかコミックス。 3日はピューと吹く!ジャガー。16日にいでじゅう!、23日げんしけん、30日に20世紀少年です。
とくに一番たのしみなのが「いでじゅう!12巻」!!あんまり柔道やらない柔道部漫画なんですが、らぶこめっぷりがいい感じにキュンとなるリアルさです。きついシモネタも出てきますが、ラブコメに関わらないところでシモネタが出ても、ラブコメはあくまで青春らしい感じが燃えますね?。桃里さーーん!皮村?!

「子どもは基本的に鉄ちゃん(鉄道オタクのこと)だもんね」と「かってに改蔵」で羽美ちゃんが言っていました。
私もなんどか、鉄道好きな子どもを見かけたことがあります。
先日は新幹線の中で小さな子が、舌ッ足らずな声で「わぁぁ??700系だぁぁ? あっちに500系?」と電車をみていってました。なんで系統番号で覚えてるんでしょう。
こないだも新快速に乗ってたら「アッチも新快速だね!ねえ、あっちの電車はなぁに?」と父親に聞いていて、父親が「あっちは特急だよ」「とっきゅう!」と会話をしていました。
電車の細かい違いを聞かれると、系統番号や車両名がはっきりわからないものが多いのかもしれません。
長野新幹線「あさま」みたいに、あさまと言ったらあさま号しか走ってないんだ!という時はいいのですが、のぞみは700系だったり違ったり、ひかりもこだまもいろいろ走ってるから「あれはひかりだよ」とか教えられないんでしょうね。

 犬の名前とかも、「かわいいワンちゃんだね?」とかいうんじゃなくて、「かわいいトイプードルだね?」とか、「毛並みのキレイなウィルシュ・コーギーだね!」とか言っていれば、こどもたちが「わぁ、大きなグレートピレネーズがいるよ!」とか詳しくなって良いんじゃないでしょうか。
「あら、りっぱなシベリアンハスキー」「ちがうよお母さん、あれはアラスカンマラミュートだよ!」とか子どもの方があっという間に詳しくなりそうです。

 犬って、チワワとハスキーとパグじゃ別の生き物かってぐらい顔が違いますが、なんとなく犬だとわかるのは何でだろう?どこかで「犬です」とすでに見ているのかしら。
前に奈良公園で、でっかいクマのような黒い犬を散歩させている人がいて、みんな振り返って「クマ……?まさか、そんな、犬だ?あれも犬?」ってささやきながらすれ違っていました。
京都でもおおきな黒いプードル(トイじゃない方)を散歩させてる人がいて、注目の的でした。プードルって元々でかいらしいんだけど、でかいプードルはあんまり見ませんもんね。
スポンサーサイト
関西コミティアと たかまれ!タカマル7巻購入
■「たかまれ!タカマル」7巻を見っけたので、早速買いました。

たかまれ!タカマル 2

エンターブレイン (2003.4)
通常1?3週間以内に発送します。


7巻はまだ画像がなかったんで、とりあえず表紙がお気に入りの2巻でご紹介。
部活動でゲーム雑誌を作ってる少年が主人公なんですが、最近は雑誌つくらんと色恋にボケてはりますな(笑) 美少女ばっかりで、男子キャラが全く活躍しませんわぁ?。るるるセンセの漫画はいつもそうだけど。
とりあえず、ゆきえさん萌え?ってことで。(表紙の右側の子)

■関西コミティア初参加してきました。
会場の天井が低かったけど、窓が多くて明るい会場でした。人も多くて(広くない会場だからそう見えたのかな?)賑やかなかんじでした。発行物はたいして売れなかったですが、やっぱり本が売れるのは嬉しいですねえ。
乗り換えや移動が楽だったので、重たい荷物を持って歩いたことも苦になりませんでした。
ただ、会場に行くまでに迷ってしまって、地図に沿って歩いたつもりが全くの逆方向に…… 余裕をもって出かけてよかった。

 なんだか、新大阪の景色に見覚えがあるような気がして「いつきたんだっけな?」と思い出そうとしても思い出せない。難波や心斎橋のあたりは何度か行ったけど、新大阪になんの用事があったっけな……と考えていたのですが、帰り道に通った道で某社の新大阪オフィスを見つけて納得。仕事でそこのセミナーに来たんだった。
 新大阪センイシティーは、その名の通り繊維問屋街で、なんだか時代をかんじさせる衣料品店が建ち並んでいました。大阪もおもしろそうだな。ステキな物探しにうろついても良いかもしれない。近いんだし……。
イベント参加準備
29日は関西コミティアに行ってきます。
自分で荷物を運ぶのに、欲張って今までにない冊数を運びます(笑)重たそうです。
調べてみたら、会場までは1回の乗換えだけでいけるようです。バンザイ関西イベント。往復の運賃も2000円ぐらい。 5日にいった東京のコミティアには、参加するだけで往復20000円以上かかるんだから…… 売上はかかった経費の10分の1ぐらいなんだから……

 そんなふうに、いいことばっかりの関西イベントですが、地元:京都のイベントはいいのですが、大阪でやるイベントの会場「インテックス大阪」は会場までの交通が不便。手段がひとつしかないので、必然的に混みますし、乗り換えにつぐ乗り換え。覚えきらんので、毎回メモを片手に行くんです。
明日の会場は新大阪センイシティーという、新大阪の駅から徒歩圏内のいい場所にある会場なので楽しみです。行きやすいし……ただ、会場が5Fってのはあまりないパターンだ。中之島公会堂の会場で上階に上ったときも、なんだか不安だったしなァ……たどりつけるかしら。

 次回の東京コミティアには委託で参加しようかな?と思っているのですが(8月だし、お盆も帰省するし)、最近委託はスタッフの手に余るほど多くなったようで、競争率が高いとか。
申し込み締め切りまでまだまだあるので、もう少し考えてみようと思います。(直接参加したいしねえ……)

そんなこんなで、29日は朝が忙しいので28日の夜のうちに更新しますです。
おやすみなさいです。
同人活動のこととか
■明日は新大阪センイシティーで関西コミティアに参加します。
オリジナル同人誌を作成している人の即売会です。私もメルプで参加します。
新大阪は行きやすくて良いよな。そこから徒歩でいけるところに会場があるらしい。初めてなのでドキドキです。しかし、同じ日にインテックス大阪で、大き目の同人誌イベント「コミックシティ」があるんですよ。
5月のインテといえば、年に何度かの大きなイベントに数えられたりするわけですので、明日はそちらに行く人が多いでしょう。コミティアにも人はきてくれるんでしょうか。ついでに来るには遠いしな…地方から来て、新大阪駅を使う人が、早めにシティを後にしてコミティアにも来てくれませんかね。(笑)

■そんなわけで、今日は明日の準備だ。印刷して増刷しているけど、どれも微妙な冊数しか印刷できていない。これじゃぁ明日の机の上が、だいぶ薄っぺらいんじゃ……種類は多いので、チョコっとずついろいろが並ぶような感じで。
「メルプのまんが」第一号はこないだ完売したので、増刷してみたんだけど、なんと材料がないことが判明。遊び紙という、表紙をめくったところにある紙をさくらの便せんにしていたんだけど、その便せんがとうとう終了。 60枚買ってあったので、60冊も作ったんだなぁ……と感無量であります。しかし困ったな。もう時期がさくらじゃないし、似たようなのでも売ってるかどうか……

■さらに、来月のイベント参加申し込みだ。こちらも今日中にやらないと、またパンフレット印刷に間に合わない。せっかく参加するんだから、パンフにも絵を載せて、たくさんの人に見ていただきたいものではないですか。

■明日のイベントは壁際に配置されたので(別に私が大手というわけではない(笑))、大き目のポスターも作ろうかなともくろんでおります。
会場にたどり着けるように、場所やかかる時間をちゃんとチェックしておかねば……
旧日本兵とかメルプ売りとか
■旧日本兵ミンダナオ島で見つかる
 スゴイニュースがまたありましたねえ……60年ぶりに発見されたわけです。発見って言い方はおかしいかな。
60年も、家に帰りたいと思いつつ異国の地で戦争を引きずったまま暮らすってのはすごいです。日本にだって、60年のあいだ戦争のことを忘れずに生きている人はたくさんいるのだけれども、兵隊さんが固まっていたとすると、上下関係とかもそのままなんじゃないでしょうか。
帰国したい人がみんな帰ってこれると良いですな。
5月27日かぁ、今日そんな話で戦争のことを思い出すなんてなんだかふしぎな気持ちだな。
自分のおじいちゃんのことを思い出しました。

■今度の日曜日は大阪までメルプ売りに。しかし、もう1冊もない本とかもあるので、勢威製作中です。土曜日まででなん冊できるかな。印刷はしたけど、組み立ててない……印刷している間はパソコンも使いにくいので、印刷しながら組み立てようと思いつつほっといてしまっているのです(笑)
今日の夜からがんばろう。今日こそがんばろう(毎日思ってたけど)
本当に、ぎりぎりにならないとやらないタイプです。

 ギリギリにならないとやらないタイプなのに、あきらめもいいのが困りモノです。
テンパッてがんばるぐらいなら、やらずに怒られたりしたほうがいいや?っていう、気力のない人なので、普段から準備するくせをつけています。
「ギリギリまでやらないし、すぐあきらめちゃうんだよ」って言うと、結構「そんなことないでしょ!ちゃんとやってるじゃない」と言っていただけるのですが、ソレは普段から欠点を思い出しつつ心がけた成果なのです(笑)
 ギリギリになるとあきらめちゃうので、何もかも余裕を持ってやる!

 宿題なんかはあきらめて、すぐうっちゃらかしてました。
宿題やらなかっても死にはしないよ。大丈夫。
でも、余裕をもって勉強を楽しんで、先生が近くにいるうちにわからないことをもっと聞いておけばよかったという後悔はあるんだよな?。私の疑問に、先生ならどう答えてくれたかな。
虫の話&残虐ゲームって
■今日は朝から妙なもん見ちゃった。予想の範囲内だったから「ああ、やっぱりな?」という感じだったんですが、それでも嫌な気持ちになるもんですな。

■昨日発売の「たかまれ!タカマル」探しに、漫画書店2店、一般書店2店を巡ったけどなかった。発売日を間違えたんだろうか。アッ、いまお気に入りのファンサイトさんに行ってみたら「30日発売」ってかいてある……

■昨日、台所につみあがっていたものを崩しちゃったら、そこからシバンムシたんがたくさん発見された。
シバンムシボックスに15匹ぐらい突っ込んでみたが、まだいるのは面倒になったので、袋に詰めて見なかったことにした。
シバンムシがいるのを目ざとく発見したのか、遠くからハエトリグモがやってきて、ボックスに張り付いた。ぜひ台所に出張していただこうと思ったのだが、出張を拒んだので(要するに連れて行けなかった)断念。天井に逃げてった。

■残虐ゲームを県が規制
残虐ゲームマニアじゃないからどうでも良いんだけど、「残虐」の感じかたって人それぞれ違うから、残虐でもないゲームも規制されないかな。今のところ候補に上がっているのは、リアルで現実世界に近い舞台の人殺しゲーム?のようなんだけど、DIABLOとかでも足がもげたりして十分怖かったよ。悪いことしてる気分になるし……敵の残骸がずっと残るし。
 ファミコンゲームの「MOTHER」というRPGは敵も殺さないんだけど、攻略本で著名人より「ゲームでぐらいは殺したい」と言う感想があった。でもなぁ、MOTHERには近所のお兄さんとか犬とか出てくるから、殺しちゃうのはヤッパまずいかもね。

いままでで一番怖かったのは「スウィートホーム」っていうファミコンのゲームだよ。
だだっぴろい館の中に閉じ込められた5人が、館の謎をとくために駆け回るんだけど、敵にやられちゃうと体が真っ二つになっていくアニメーションが流れるんですよ。マジで怖い。
夢見たりとか
■昨日の京都地下鉄白煙事件はよくわからないけど、始発から電車は普通に走っていたそうです。ちょっと早めに家を出たので、1駅前でおりてホテホテと歩きました。

■今日は近藤るるるさん「たかまれ!タカマル」新刊発売日です。楽しみである?。
「天からトルテ!」の愛蔵版とかは出ないのかなぁ。

■昨日は、デザートにフルーチェ(のようなもの)を食べた。牛乳を入れると固まるんだ。
でもさ、よく見たら「四人前」って書いてあるんです。私しかいないんで、私だけで全部食べました……

■今朝の朝食はホットケーキです。バターと練乳をのせました。おいしいです。チーズもひとかけら食います。洋風な朝食かと思わせて、お茶はジャスミン茶です。

■ちょっとぐらついてた歯が抜け、連鎖的に11本ほど抜けたが、誰にも言い出せずにクチの中にしまってあるという嫌な夢を見ました。歯が抜ける夢はちょくちょく見るんですが、なんの暗示なんでしょう。
ああ、現実にはぐらついてる歯なんてないので安心してください。私も安心しました。
京都の地下鉄運転見合わせ?
メルプのお部屋で新作壁紙を紹介しているから、良かったら見てみてください。なにげに、ほぼ1年ぶりの新作壁紙……
先日某雑誌社から連絡がありまして、メルプの壁紙とスクリーンセーバーを雑誌で紹介してくれるって言われましたので、楽しみです。6月発売です。

 ちょっと! 京都市地下鉄で謎の白煙、運転見合わせだと!
今日も乗る予定ですが、ちょうど降りる駅あたりが見合わせ区間らしい。困ったなぁ。運転を見合わせています、って言うニュースから一晩あけたけど、まだ見合わせ中かなぁ?京都新聞のサイト見たけど続報は入ってないよ?。
京都市交通局のサイトにも何も書いてないよ?。今日はちょっと早くでて、一個前の駅から歩くハメになっても大丈夫なようにするかな。
シュガシュガルーン1巻読んだ
 こないだ郵便局に「EXPACK500」買いに行きました。仕事でも使うけど、個人的な用途で。
個人が一枚だけ買っていくのは珍しいのか、窓口で「いつもお使いいただいているんですか?」と聞かれた。「ああ、ハイ」と答えた。局員さんうれしそう。
「当郵便局では、EXPACKなどに封をされるときのために、透明のビニールテープを用意していますので、もしよろしかったらご利用くださいね」と案内された。指差す方を見たら確かに梱包用のビニールテープが用意されていた。

 チラッと見たときに「ああ、テープカッターは3Mのヤツなのに、テープ自体はニチバンのだな」とわかってしまった。普段使ってるからだけど……3Mの「透明美色」は本当に透明でキレイなんだよね。ニチバンのはちょっと薄黄色いし、端っこがさらに黄色いからあんまり好きじゃないんだ。


シュガシュガルーン 1

講談社 (2004.3)
通常24時間以内に発送します。


 昨日の読書は「シュガシュガルーン」(安野モヨコ)1巻。
「監督不行届」から、モヨコ氏がちょっと気になってる私です。でも絵が苦手なので、一番大丈夫そうなこの漫画を買って見ました。なんとなく「ジェリーインザメリーゴーラウンド」という、昔のモヨコ氏の漫画を思い出しました。気の強い女の子と、気の弱い女の子(「ジェリ?」のほうは男だった気が…)が仲良しで活躍するあたり。

 なかよし連載中の少女漫画ですが、かわいさ満点。ファッションとか動きがいいのはさすがです。魔女っ子達が人間の恋する気持ち「ハート」を奪い取る、という設定もいい感じ。
恋するハートがうまれる・育つということの楽しさ、ソレを奪うということの切なさがいい感じです。

これでfanになった少女達が、他のモヨコ作品を読んだら……どう思うんだろう(笑)
写真と記憶
本棚の整理をしていたら写真を見つけた。写真は大好きなので、たくさんある。しかしプロでもないし、ちゃんとした趣味(キレイに撮ろうとか技術を駆使しようとか)ではないので、徒に枚数があるだけ。
よく、旅行とかで撮ってるような、人がなにかの前で立ってるだけの写真とかさ。
でもどの写真も、今となったら「撮っておいて良かった」と思えるものばかり。
記憶からはだんだん薄れていってしまった人々の顔も、写真を見れば名前まで思い出せる。声も浮かんでくる。
あの人たちは元気なんだろうか?中にはあだ名だけで、本名がわからない人とかもいるけど……

 そういう思い出の品の中に、自分で描いた1ページ漫画ってのもある。京都での1年目の生活から、面白おかしく(のつもりで)漫画に書き起こして、友達にコピーして送ってたんだよね。

 こないだ正月に、そのお友達にあったら、ふとしたことで「あっちゃんにもらった漫画の内容を思い出しちゃった」と笑いだした。聞いてみると、確かに私が描いた漫画の内容。覚えててくれてるんだ、と思ったらすごく嬉しかった。
私自身も、その漫画がなぐりがきされている一冊の自由帳を大事に思ってる。
 その頃が一番楽しかった。今のところ、その頃ほど楽しい時はすごせてない。これから楽しくなるのかな?大人になったら他人は他人で、子どもだった頃みたいな過干渉がなくなってしまって、少し寂しい。
 私はかまってもらえるのは大好きだけど、他人をどうかまったらいいのかはサッパリわかんないし、干渉されるのをひどくきらう人が多いからね。

■ところでいやーーな夢を見たよ。突然荷物が届くの。開けてみたら、微妙にいやな物が詰まってる。
1.仕事で発行する納品書 2.家族など近しい人の名前のリスト 3.高価なもの  などなど
そして宛名の名前はちょっと間違ってる。中に入ってた紙には、私のパソコン画面のスクリーンショットが半分に印刷されており、もう半分には「君は○○で○○なんだね。僕が手伝ってあげたよ。君の名前は○○だってね。」というようなことが数枚に渡ってかいてある。
インターネットで直接会話しないものの、同じサイトにいたことがあるという関係らしい。仕事の情報まで読み取られてるなんて……!とぞーーっとして、スパイウェアが入ってないかチェックしてしまいましたよ。
夢でよかった。
百億の昼と千億の夜をよんだ
 やれば、絶対いいことがあるとわかっているのに「はじめたら時間がかかりそうだなぁ」と思うとなかなか出来ないんですよね。いまはそんな、どうでもいいことで悩んでいるところです。なんでもいいからやっちゃえ!と思うんですけどね。案ずるより産むが易し、ってのはスゴイ的を射た言葉ですな。まったくその通りだと思うのに、動くのにはやっぱエネルギーがいるなァと思います。

百億の昼と千億の夜

秋田書店 (1994.4)
通常2?3日以内に発送します。


昨日買いました。1977年から78年にかけて、少年チャンピオンで連載されていた、萩尾望都のまんがです。
原作は有名なSF小説なのですが、大幅に変更されている漫画版も、原作fanにも広く受け入れられているというほど、萩尾ワールド全開の壮大な世界を楽しめます。
萩尾さんの漫画は、いつでもテンポがいいので楽しいです。コマと時間の端折り方がすごく、それでも違和感のないところがまたすごいです。
 宇宙とは、神とはなんだ?という疑問の中での葛藤と信仰、本当の幸せとは何なのか、宇宙は人間になにを望んだのか?という難しいテーマを軸に話が進みます。SFに慣れていないと、用語や計算式などがチンプンカンプンですが、まぁその辺はわかんないこと自体を楽しめばいいんじゃないでしょうか……
宗教はごちゃ混ぜで、イエスが悪者(というか天からの回し者)になっていたりします。
ハエトリグモのこととか
 昨日の日記で「営業から電話が2件も」と書きましたが、昨日も営業から電話が1件ありました。こんなに毎日続くのは初めてです。しかし、うちの規模でこんなにかかってくるんじゃ、他は大変そうだよな。今のところ話をしてから切ってるけど、そのうち話なんかしてらんないほどかかってきたらどうしよう。
 それに、もう帰ろうと思って準備してた、19時ちょい前にかかってきましたよ。そんな時間じゃ、担当者が5時で帰ってしまってたら無駄ジャンねえ??どうするんだろ。

 昨日はハエトリグモを愛する人たちの掲示板(スレッド)をずっと読んでました。愛があふれていました。うちにもハエトリグモはいるし、お互いに利益があるので仲良しですよ。
クモは小さな虫を食べ、私は虫のいる部屋を提供する……(ダメジャン)

そして、ウチに住んでるハエトリグモは「アダンソンハエトリグモ」という種類のようです。アダンソン!なんだかかっこいいじゃん。姿もかっこいいんだ、漆黒のボディに白く一文字。美人なクモがいるなーとずっと思ってたので、名前がわかってよかったです。今度から、あったら「よぅ!アダンソン」って声をかけよう。

 虫といえば、先日帰宅して顔を洗おうと鏡を見たら、前髪の右側に、おおきな翅の虫が鎮座しておりました。こんなにでかいのに気がつかなかった。田んぼとかがあるところを通ったから、あそこで頭に乗ったんだろう。それにしてもきづかないもんなんだなぁ……と、翅虫にはおいとましていただきました。
営業の電話がかかってきたよ
昨日は会社に営業の電話がかかってきた。
一応ネットワーク&webサイト対応なんで、ちょくちょく私宛の営業がある。昨日は忙しかったのに、そんなときに限って営業の電話が2件も。

基本的に営業の人と話すのは好きだ。相手はこちらをお客様予備軍として丁寧に扱ってくれるし、新しいサービスの内容を聞くのも好きだし、その売り込み方とか、営業の人のやりとりから学ぶことは多い。

昨日の営業の人は、一人目はもともと興味があった会社の人。「資料を送らせて頂こうと思うのですが、よろしかったですか?」ということで、即答で「お願いします」って言っておいた。利用しようと思ってたんで、資料とともになにか特典がついてたらバッチリだな。
こういう資料請求タイプは、電話をかけてくるのはテレマの人かもしれない。
京都の住所はややこしいので、営業の人もなんども詰まってたし、漢字を3箇所も間違って読んだ(笑)

二人目はweb製作会社の人。「SEO対策、っていう言葉はご存知ですか??」って。
「知ってますよ。独自に研究して取り入れてます」って言ったら「すごいですね……そうなんですか……」って感じでだんだん弱っていって「お忙しいところ、失礼致しました。機会がありましたらよろしくお願いいたします」と切った。
ちゃんと切ってくれたところとかに好印象。たまに、「今回はご縁がなかったということで」とか、そりゃこっちのセリフなんじゃ… っていう微妙なことを言って切る人とかいます(笑)
バイトとか就職とかで断るときはそう言うけど、営業の(しかも営業しかけてる方に)言われてもなぁ……とちょっと思うんですが。

 いままでで一番ビックリしたのは、ホエ??って感じの女の子からの営業で「○○(そこそこ有名なサービス)って知ってますかぁ????」って電話があったとき。
「知ってますよ。」
「そうですか??、今日は○○のサービスをご利用いただけないかと?お電話してるんですけど?」
「よく知っていますが、とりあえずウチではそういうサービスを使う予定はないですねえ」
「んんん??、なぁんて言ったらいいのかなぁ??」 !!! (笑)
○○はこんなテレマを使ってて大丈夫なのか!(笑)
もしも外部委託だったら○○がかわいそうだな。
xxxHOLiC 6巻(CLAMP)買った
×××HOLiC(ホリック) 6

講談社 (2005.5)
ISBN : 4063720152
価格 : \560
通常24時間以内に発送します。



昨日CLAMPの新刊「xxxHOLiC」6巻買った。表紙がまたいいねえ……
現在マガジンで連載中の「ツバサ」はアニメ化したんだけど、どうにもツバサはおもしろいと思えなくて。他のCLAMP作品のキャラが出てくるところもなじめないし(「X」に昴くんが……!とかは良かったんだけど)、ストーリーもあんまり乗らなかったというか。
で、現在ツバサはノーチェック。

「HOLiC」はなかなかおもしろいよ。結構好きだ。和風の伝説や言い伝え、妖怪・霊(あやかし)が出てきて、まるで「しとしとふりつづく雨」を見ているようなしっとり・しーんとした雰囲気がいい感じ。
6巻もおもしろかった。今回は侑子さんがあんまり出てこないのは残念だったな。もしかしたら「ツバサ」に出演中だったのかもしれない。「ツバサ」とシンクロして話が進んでいるという設定があるので、ツバサのキャラが助けを求めてきたりする。一応、読んでなくても大丈夫な感じにはなっているけど、侑子さんfanとしてはちょっと寂しかった。

同じく、昨日発売と聞いていたコンビニ版「かりあげくん」は見つからなかった。ちぇーっ!昨日はなんだかイライラしていたので、かりあげくん読んで笑おうと思ったのに。
他の植田まさしさん4コマももちろん好きだけど、かりあげくんの笑いのキョーレツさは他にないよなぁ。のんきくん、フリテンくんはちょっと下ネタが多いよね。
コボちゃんはぬるいよね。(読む人が読めば毒々しく読めるみたいだが……)
かりあげくんのイタズラはたまに犯罪に近いものもあるし。病院で社長の「し瓶」にしょう油たらしてみたりとか、ほんにゃら産業倒産!のデマを得意先に流してみるとか……。
新刊、どこかで見つけたらなくならないうちに即ゲットしようと思っています。
カラオケで歌った曲
またもノイローゼ的に仕事の夢をみた。3時から4時ごろまでなんども目がさめちゃった。

■こないだカラオケで「バビル二世」歌ってきた。勇敢な少年、バビル二世くんは地球の平和を守るために三つの僕に命令をするんだけど、「怪鳥ロプロス空を飛べ!」「ポセイドンは海を行け!」「ロデム、変身!地をかけろ!」しか命令してないんですよね。ソレだと地球の平和を守れそうにないと思ったのは私だけなんでしょうか。
「ゆうかんなしょうねん」って入力して変換したら「有閑な少年」ってなりましたが、そんな少年はいやですね……
バビルの塔でひがな暇にしてるんで、いっちょ地球の平和でも守ってやるか……と三つの僕に命令。これはこれで楽しそうだけど、しもべに命令するだけじゃ少年の暇は解決しなそうですよね。

■ついでにカラオケで「行くぞゴーダム」歌ってきた。こういう歌ってなんだか曲がかっこいいよね。ヒーローの歌はみんな迫力もあるし、地球を守って悪を倒しそうで素敵。
ウルトラマンエースの歌も好きで歌うんだけど、子ども達の合唱タイプの歌より、男の人がかっこよく歌ってる歌の方が好きだな。自分が女で迫力有る歌い方がちっとも出来ないので、合掌タイプの方が歌いやすいのは歌いやすいんだが。
ウルトラマンエースは、「いまだ!変身!ほくととみなみ?」ってところで聞いてる人が「おっ」という顔をするんだよ。

こういう歌が歌える私ですが、その時代のアニメ&特撮ソングのカセットを持っていたから歌えるんであって、残念ながら番組を見ていたわけではないのです……だから番組の内容はほとんどわからないものが多いです。
休日
いつのまにやら、5月も後半に。仕事とか忙しいですよ。
4月後半は、メルプのまんがの新作を描くのにすごく忙しかったので「うえーん あそべないよう」とか言ってたんですが、今となっては何をしてあそびたかったのかわからないくらい休日が開いています。

昨日は洗濯をしたり買い物をしたり、ひまわりを植え替えたり、昼寝したりしました。作りたい作品もあるんだけどなかなか「もう少し待てば傑作が振ってくるんじゃ」という幻想に取り付かれて、先に進みません。
「傑作振り」をまってて、いつか本当に傑作が振ってくるよりも、失敗作でもいいから作品は形にして完成させるのが一番です。それがなにより、傑作への近道です。どんな失敗作でも「なかったより大分マシ」なんですよね?。

 沖縄の親戚から連絡があったと実家から連絡があって(ややこしいな)、メルプのまんがを気に入ってくださった客人がぜひ欲しいというので、全巻売ってくれとのこと。
気に入ったのでお孫さんに見せたい……というお話だったんで、素直に嬉しいです。
たまに「子どもに見せたい」と言って買われたり、対象年齢を聞かれたりするんですが、大人である友達に見せようと思って描いているので、子ども達にわかってもらえるかな?と不安です。
自分が楽しいものや好きな物をメルプたちに置き換えて描いているだけなんで、いまの子ども達にも好きになってもらえるのかしら。

4巻は30冊しか作ってなかったんで、もう在庫がなくなってきました。29日はまたイベントなんで、増刷します。 1巻は全部なくなってしまいました。これも増刷せねば……
うちのキヤノン君はなにげに、数百冊も本を印刷して旅立たせているんですね。がんばってくれて嬉しい限りです。
数年ぶりのプリクラ
昨日は髪の毛を切りにいった。もうなんども行っている美容院なので、髪型とかなにも決めてなくても、美容師さんにいろいろアドバイスもらえるからいい感じです。そんなに緊張しないし。

 髪の毛を切ったついでに、髪型が変わった記念のプリクラを撮ってみることにした。
昔は一人で撮るのもべつに恥ずかしくなかったのに、今はなんだかすごく恥ずかしい。さすがにもう、いい大人に見えるだろう。小学生ぐらいからなら「おばさん」って声かけられてもふしぎじゃない、四捨五入で30歳の私…

 スーパーに設置されてる写真シール機に入ってみた。いつもは小中学生が全機を使用中なんだけど、 3台あるうちの2台があいていた。
400円かぁ、昔は300円が主流で400円は相当いいヤツだったんだけど、いまは大体が400円だなぁ……と思いつつお金を入れてみた。
「BGMはどんなのがいい?→げんき系 にぎやか系 しっとり系」 BGMまで選ばされるのか……どうでもいいなぁ、と、とりあえずうるさいと恥ずかしいので、しっとり系に。
「何人で撮る?→2人 4人 たくさん」
……!!! 1人っていう選択肢はないのか!
「みんなの髪の色は何色系? 茶系 黒系 茶・黒両方」髪の色でライティング? も変えるのかぁ。すごいな。

 で、12回とって、その中からよく撮れたと思うものを選んでプリント。
「次は落書きだよ!」とメッセージがでて「らくがきしなくってもいいけどなぁ?」と思いつつ画面を見ていたら、「400円入れてね」になってしまった。落書きには400円必要なの?どういうこと?っと「?」を飛ばしていました。プリントされた写真が出るところに行ってみたけど、まだ出てこないし、印刷中ランプもついてないし……
係りの人を呼びに行くのはいやだなぁ?と思いながらきょろきょろしていると、撮影機と背中あわせに落書き機があることを発見。なんと、撮影後は裏に廻って落書きするんだそうです。きづかねえよ!

 時間がたっていたので、すでにタイムアウトで最後の1枚にしか落書きが出来ませんでした……フレームとかのつけ方もちっともわからずに、背景にスーパーの袋が写ってます★
久々に撮ったプリクラは画質も向上しててすごかったです。今度だれか誘って撮ってみようかな。一人で撮るのはやっぱ恥ずかしかったです……

最新の日記はこちら
のだめカンタービレ12巻読んだ
きのう心配していた、仕事のことは無事完了しました。良かった良かった。
おかげで昨日はグッスリ眠れましたよ。夢も見なかった。

のだめカンタービレ12巻を買った!
萌え死ぬかと思った。一応私が女性なので、萌えたのはのだめにでなく千秋先輩と言うことに(笑) もっと言えば、千秋先輩&のだめの関係性に萌えたというか。
読みながら恥ずかしくって、「なんだよこれ!萌え殺す気か!」と転がっていました。
最初、待ちきれずに電車の中で読んじゃったんで、「ウヒョッ!」とか言いそうになりまして、慌てて本をカバンにしまったり。 11巻はあんまり気分が乗らなくて、もしかしたらこの辺で私の気持ちが離れちゃったのかも……やっぱ異国の地だしなぁ、日本のゆかいな仲間達が出ないのはつらいなぁ、と思っていたのに、12巻は終始フンフンと夢中になって読んじゃいました。

こないだのイタズラなkissもそうだったけど「主人公の女の子が追いかけ続けたステキな王子様、しかしやがて王子のほうがめろめろに」っていうシチュエーションは好きだな!私が好きな少女漫画はこんな感じのストーリーがおおいな!
「女の子の夢」のひとつに含まれるシチュエーションなのかもしれない。がんばった恋はむくわれてほしいし、好きな人には愛されたいしね?。
でも、この関係が本当の片恋だったら、ただのストーカーになるおそれが……
現実世界ではその辺がわかんないから、ストーカーまがいのことはおいそれとできないよねえ??本当にきらわれてたらアタックしても逆効果だし!

ああ?「のだめ」13巻が楽しみでございます。

最新の日記はこちら
心配事がモロに夢に
 今日は5回も同じ夢を見てしまった。これは新記録だ。
夜中に何度も目がさめて、そのたびに同じ夢を見ていたんだ。

 先日仕事で「どうしても商品を14日にほしい」という注文があったので、早速13日に商品が入荷して 14日着で発送できるように手配した。でも、ちゃんと13日に商品が届くのかがすごく不安だ。
先月末にも、おなじところに商品を問い合わせたとき、約束の日には入荷しなかったからだ。そのときと条件が違うんで、今度こそ大丈夫と思いたいんだけど、もし入荷しなかったらお客さんが怒るなんてもんじゃないよ。数が多いから、他では用意できないんだよ。
 その件を不安に不安に思いながら寝たので、その件の夢を5回も見てしまったんだ。(笑)

そのうち最初の二回は、
1.商品が届かずてんてこ舞い 結局発送できずに途方にくれる
2.届いた商品が間違ってる 結局発送できずに途方にくれる
って感じでしたが、あとの三回は全部「商品がちゃんと届いたから、無事に発送完了」という夢だったんで、多数決で「商品は無事に送れる」ということになるでしょう!つか、なってくれ!

いまの仕事をはじめてから、こうやって仕事の夢をリアルに見るようになってしまった。もともと小心者なので、お客さんが怒るのがすごく怖い。特にメールで怒られるんで、容赦なく怖い。
お客さんからメールが入ってるとドキッとするし、一日中震えてたりするし……
やっぱり直接販売・営業するのって向いてない……

夢で、無事発送できたあとに目がさめると「なんだ!ちゃんと送れたから安心したのに、夢だったのか」とちょっと残念な気持ちになりました……
コナン映画見てきた
バルバラ異界 1(萩尾望都)買った。とりあえず1巻だけ。複雑にいろんなものが絡み合ってておもしろいです。第一話だけ読んだら異世界ファンタジーなのかとおもうんだけど、第二話から近未来の日本に話が移って、SFになってまいりました。
2ちゃんねるで「欲張りすぎでいろんな要素を詰め込みすぎてんじゃね?」っていうあおりがあったけど、私は「萩尾望都だからむしろそこに期待」って感じです。大丈夫、どんなにメチャクチャな感じに読めても、最後にはなんだか「読んでよかったなぁ」っていう満足感が味わえるんですよ。多分。

■名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)を見てきた。おもしろかった。
もう、コナンだからおもしろいんだって言う無条件な目で見ているので、いろいろ突っ込みどころとかあるんですが、コナンの場合は「高校生が くすりをのんだら 小学生に!」っていう時点で、突っ込みを入れるのは野暮なんです。
たとえ乗りものを高速運転しても、スゴイ跳躍力をみせても、「うわぁ!コナンかっこいい!」でいいんだと思います。実際コナンくんかっこよかった……
2年前の京都が舞台だった映画よりはおもしろくかんじた。推理とかはどうでもよくなってるのが最近の映画の特徴。とにかくアクションシーンがおおく、豪華な作りを楽しむのです。初期は結構、推理をキチンとしていたよね。
毛利のおっちゃんの、一歩間違えれば名誉毀損っていうシーンも見逃せません。毛利のおっちゃん、いつ訴えられてもおかしくないよなぁ。

劇場はこないだハウルを見たときに、居心地がよくって音も良くってスクリーンもでかくて気に入ってる所だったんですが、今回はなんでか上の方のピントがあっておらず、終始ぼやけておりました。私の目が悪いせいじゃないですよ、くっきり見えるところもあったんだけど、真ん中らへんがずっとぼやーっと。。。
来週、違う劇場に移動するから、ソレも見に行こうかな。

最新の日記はこちら
次になんのまんがを読むか
最近、本をあまり買ってないなぁ。欲しい本もたくさんあるんだけど、どれから先に欲しいと言う気持ちが湧いてこなくって、結局決まらない。
とりあえず、おもしろそうだと思っているのはバルバラ異界 1(萩尾望都)なんですが、これがあんまり見つからないんだよね…
萩尾望都fanに人気で、ミステリーの複雑さがいい感じだとか。最近の絵より昔の絵の方が好きなんだけど、残酷な神が支配するで最近の絵にも慣れたので、絵は気にならずに読めそう。ああ、「残酷な?」の感想もまとめておきたい。でもなかなか時間がないなぁ。

あとは、デボラがライバル 1(多田かおる)も気になるところ。こないだイタズラなkissを全部読み終わっちゃったから……

とりあえずなんか見つけたら買おう。
今日は名探偵コナンの映画を見に行く予定ですが、劇場が移っちゃったので前売り券が使えるかどうか……!?

寄生虫とウィルスと地球
シドニー・ロック・オイスターに謎の寄生虫
 こわ?!!!
久々にバイオ系の怖いニュースです。(最近バイオ系のニュースを読んでなかった気がするけど…)
寄生虫とかプランクトンとか、そういう見えない大きさの脅威って本当に怖いですね。寄生虫関連の書籍を読むと、しばらくの間寄生虫のいそうなものに手を出せませんよ。<食品とか。
プランクトンも、カキやバラフエダイなんかに蓄積したら神経毒になる種類があるし、小さいものもあなどれないです。

 ニュースは、オーストラリア固有種の牡蠣に寄生虫がつき、今のところ致死率100%なのにほとんどの牡蠣が寄生虫を持っていると言うおそろしいニュースです。昨年30%だった寄生率が、今年は100%だなんて、爆発的です。絶滅の危機かもしれません。
こういう爆発的に宿主を殺しちゃう寄生虫・ウィルスは、馬鹿なウィルスと言うことになります。寄生虫と言うからには、何かに寄生して共生を図らなくちゃ生きていけないだろうに、宿主を殺してしまったら自分も死んでしまうんです。
エボラ出血熱のウィルスとかは、宿主をあっという間に殺してしまうので、いくら宿主の中で大量に分裂してもほとんど無駄ってことですよね。ウィルスにとっても、その宿主に「感染」してしまったのは災難だったということになります。
住みやすくて侵入しやすかったけど、自分達が活動することで死んでしまう宿主を選んでしまったわけですから。

 本当に相性がいい「宿主」と「寄生するもの」が出会うと、お互いにうまく作用しつつ、栄養を与え合い、爆発せずとも長くのほほんと生きていける状態が出来上がるんです。
こう考えると、今の地球で、地球の歴史の中では爆発的に数が増えた人間なんかは、現在の地球環境にとっては「感染」に似たものなんでしょうね。活動して増えるためには地球が壊れていく、と。
でも、地球は現在の環境が壊れたって別に痛くも痒くもなく、現在の環境が変わったら生きていけないのは人間だけなんです。地球自体は、荒野で石と砂だけの世界でも全く気にしないでしょう。
むしろ、今の状態の方が、自分に草や木などのコケのようなものが生えちゃってイヤだな?と思っているかも(笑)

たまにはむつかしめな話題もしてみました。

最新の日記はこちら
ブログのアクセス数
■東京のイベント「COMITIA」行ってきました。楽しかったです。嬉しいこともありました。売上は前回より落ちました……少しずつ上がっていく予定だったんですが、そううまくはいきませんな(笑)

■今日はブログの話。私は ホンヨンダ、 日記の過去ログと現在二個のブログシステムを使用しています。ブログシステムってのは、日記やコラムのページを簡単・便利に構成できるツール・サービスのこと。ブログそのものは、個人の日記などの総称で、私のページだって大きなブログのようなものだ。
システムを使うメリットは、操作・更新が簡単だと言うことと、アクセスが増えるってことです。
トラックバックやSEO(検索エンジン最適化)などいろんな「アクセスが増える要因」がありますので、いままで出会わなかったような読者に読んでもらえる可能性があるわけですね?。

 ホンヨンダで使ってる「seesaa」は案外いい。重いのと、ちょっと更新しづらいところは難ですが、アクセスは更新しなくても一日30件?50件ぐらいある。更新するともう少し増える。
ping(新記事を更新したお知らせ)をあちこちのブログに送信できるので、あっという間に検索にも引っかかり、話題を求めて人がやってくるわけですね。

 しかし、日記の過去ログに使っているFC2はアクセスが全く無し。pingも送信してないし(出来るのかな?)、検索は「matome.jp」からしか来てないみたい。ただ、使いやすいしわかりやすい。軽い。記事の内容に制限もない。
メリットはいろんなところにあるんで良いのですが、やっぱり1日0アクセスとかだと、記事を書く気力もわいてこないよね。まあ、FC2のブログはここの過去ログだからまったく気にしませんが。

仕事でもブログを作ってみようと考えているので、ソレはアクセスが増える方がだんぜんよいので、何処のブログシステムを使おうかと悩んでいるところです。とりあえずFC2はだめっぽいし、seesaaはかってにログインするタイプだから私のとごっちゃになっても困るし、商用もOKじゃないと商品の紹介・販売へ誘導とか出来ないし……ということで、エキサイトブログ(最近商用可になった)とかを使ってみようかな……と考えているところです。

最新の日記はこちら
「イタズラなkiss」読了
今日は「名探偵コナン」のコナン君(工藤新一)の誕生日です。ほんと、どうでもいいですね……すいません。好きなもので……しかし、おおっぴらに5月4日が誕生日なんだ!ってコナン君、映画で宣言しちゃって、そりゃ蘭ちゃんも「えっ、新一と同じ!?」って驚くよね。コナン君アホだよね。

 まんがの印刷は30冊分できました。印刷枚数にして、約500枚。フルカラー。「キレイ」モード。一日で終了できてたいへんめでたいですね。

 で、昨日は印刷の間に手が空くので、ずっと我慢してた 「
イタズラなkiss
」文庫判14巻…最終巻を買ってきて読んでいました。悲しい……これで終わっちゃったのが悲しい。「イタkiss」は、作者の多田かおるさん急逝のために突然終了していると言うことは昔から知ってた(なくなったときにテレビのニュースでも言われてたしね)んだけど、ちゃんと自分で通して読んでみて、すごくおもしろかったので、この続きが読めないのが非常に残念です。
一番最後の話だって、いままであたためていただろう新展開がどどーん!と告げられたところで終わってる。この続きも読みたい。ずっとこのキャラたちの生活を見ていたかったなぁ。

 文庫で14巻なんて、少女漫画ではすごく長期連載の部類にはいるし、大体の少女漫画がこの辺にくるとおもしろくなくなってるんだけど、「
イタkiss
」はずっとおもしろかった。1話又は数話完結形式だったから、ネタがある限り続いたって言う感じかもしれない。変にエピソードを引き伸ばして続けることもなく、キャラクターもちゃんと成長して(最初は17歳ぐらい?最後は20代半ば?)いくし、小学生だった弟も高校生になっちゃって(笑) そんな成長も楽しめる作品でした。だから、まだまだ続いたってなんの問題もなさそうだったし、今度の新展開でまた楽しくなりそうだった。とにかく気軽に読めるのに、よく考えるとスゴイまんがです。
ドラマ化もしてたんですね。入江君が柏原崇かぁ……認める!(笑)(柏原崇好きだから)

 明日から東京→実家と帰るんで、更新は出来ないかもしれません。

最新の日記はこちら
メガネのキャラがいるまんが
新刊できましたです!現在プリンタちゃんが一生懸命印刷中。きれいなのに早いです、その他の設定なども思い通りに反映してくれて、本当にキヤノンちゃんはすばらしいプリンタです。バンザイ。

 石渡治さんの「パスポート・ブルー」という宇宙飛行士を目指す少年を描いたマンガを、読み返しているところです。しかしさらっと暗いんだよなぁ。「ええっ!そんな」って言う驚きが、さらっと不幸な設定を語るだけで過ぎちゃうところに違和感がいつもあるんです。すごく楽しく過ごしたあとに突然、「まさかこのあと、○○が事故で死んでしまうなんて誰も思ってなかった……」というような文章があって、もう○○は死んでるんだよ。

 そういうあとだしのようなエピソードが毎回あって、なんだか悲しいです。その上、新しく出てくるキャラとかも「確かこのあと、このキャラ死んだんだよな」ってなことを思い出しちゃって切ないわ。

 人の生き死に以外の部分でも感動させられる画力とか構成力があると思うので、好きな作家さんなんですけどね。パスポート・ブルーもなんだか悲しすぎるんで4巻までしか買ってない。。
しかし、メガネキャラの多いマンガだよね。石渡さんの他のマンガもそうだけど(笑)

 メガネがおおいマンガと言えば、「ハチミツとクローバー」のメガネ好青年・真山君が勤めていた建築デザイン会社も、出てくるキャラがみんなメガネかけてる!(笑)
メガネキャラ好きとしては嬉しい限りです。雑誌「スプーン」での特集でも、「真山の会社の先輩はなぜかみんなメガネ」とコメントしていました。やっぱり気づくんだね…

 桑田乃梨子さんのマンガもメガネ率高いよね。レギュラーキャラに一人はいるもん。主人公であったりもするし。のび太だってコナンだってメガネの主人公だよ。
ビバ!メガネ!

最新の日記はこちら
ベランダ園芸
d_top.jpg


もう5月も2日になってしまったわけですが、まだメルプの壁紙カレンダー5月バージョンを作っておりません。
これから作るんですが、もし気に入って毎月使ってくれてる人がいたら申し訳ないです。出来るだけ月末に作りたいと思います。

「今日の画像」にもしてるミニひまわり、本葉もでてきたよ!かわいいなぁ。成長が早いなぁ。本葉が6枚ぐらい出たら、間引きして一本にするんだと。他に植え替えれば、間引いたヤツも育てられるって。ワーイワーイ。
今のところ、5つまいた種はぜんぶ芽を出しました。ひまわりって発芽率がいいのかしら。そういえば学校でも、みんなで蒔いたひまわりがたくさん咲いたっけ。

ところで左端の球根みたいなやつは、みたまんま「たまねぎ」です。台所で発芽していたので、なにげなく外に出してみました。かわいいけど、このままだとたまねぎ部分が腐るよな。エアプランツじゃないんだから、、、。
そのうち捨てます……ちょっとかわいそうかなぁ。

メルプの漫画はあと2ページです。結局今回も16ページしかかけなかった。いつも、ページ数を少しでも増やそうと考えているのに、結局ギリギリだ。
なんとか5日のイベントには間に合いそうです。もしこられる方がいたらよろしくね。
5月5日の東京ビッグサイト「コミティア」にメルプのマンガを持って参加いたします。

最新の日記はこちら
古本の査定が終わった
ライブドアリサイクルに、29日に集荷してもらった古本の査定が30日には出た。早っ!

ちなみに、定価で14532円分(21点)送って、買い取り金額は1411円。10%行ったらいいほうだな、と思ってたので、きっちり10%弱でいいほうの買取です。
キチンとうちわけも見られましたので、どれが高額だったかはわかりました。人気の有るマンガなどについては、その分売る人もおおく在庫があるんでしょう、「年代の新しい・古い」の上に少し上下がありました。

一番高い率で売れたのは、定価676円のマンガ文庫が110円で。これは、タイトルを言っても、百人見たら一人知ってるかなぁ?というようなマイナーな作家さんの作品で、去年出たばかりなので査定が高かったんだと思います。多分在庫も0だったことでしょう。

ブックオフで、中古で2000円ほどで買ったCD。多分ブックオフにもっていったら、高く買い取ってもらえるんだろうな?と思ったんですが、一縷の望みをライブドアに託してみました。結果は50円……
ちなみに、e-ブックオフのネット査定で調べたら、800円でした。うん、ソレぐらいしてもおかしくない。なぜなら、古いけど根強い人気のある海外バンドの2枚組みライブCDだからだ。ブックオフは、CDの査定は意外としっかり価値を考えているようだ。CDの方が利益率もいいだろうし、ちからが入るのは当たり前だよな?。

とにかく、ライブドアではほとんど年代の新しいものにいい値段をつけると言うことがわかりました。新しい本は早めに見切りをつけるがよいみたいです。

最新の日記はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。