FC2ブログ
Blackstrawberry日記のログ倉庫
blackstrawberry.net内の日記過去ログを公開・保存するブログ。 日々の出来事や更新内容・最近の活動について・時事ネタなど。 最新日記は http://www.blackstrawberry.net/yoshida.html
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MOTHER3も進んできた
MOTHER3もだいぶ進んできました!

まだまだ終わらないとは思うのですが、やはり物語が大分すすんだ感があるので、いまは足踏みをしているところです。
必要もないのに町に戻ってみたり……とにかくいろんな人に会いに行ってみたり…… 最近ご無沙汰の場所を訪れて、景色を眺めてみたり……

イベントが進んだために、変わってしまったものもいくつもあります。
一度クリアしたらもう一度最初から、じっくりやってみたいと思うんですよね。
オトナになってしまったために、大体「どちらを選べば正解か」は問いかけがあったときに分かるんですが、わざわざ一旦逆を選んでみたりして遊んでいます。

MOTHERの前のシリーズをやってる人には「ニヤリ」とする場面がけっこうあるなぁ。あの本がこんなところにあった! とか、また○○○けんがでた!とか。
音楽もサウンドプレーヤーで聞けるから、今までに聞いた曲を聞き返したり。
たたかいのきおくで遊んでみたり。
どれだけ長い間MOTHER3の世界にいられるかは勝負ですねえ。何気にもう20時間ぐらいに……
スポンサーサイト

テーマ:MOTHER3 - ジャンル:ゲーム

MOTHER3プレイ開始
MOTHER3
MOTHER3


MOTHER3買ったよ!
近所のお店で700円分ぐらいポイントをためていたから、それを使って買いました。
店員さんがなんか元気のない人だったんで「買ってすいません……」って気分になりました。(笑) もう少し元気だったら買ったほうもうれしいのにね。ずっと下を向いてなんかやってたし、レジで 気配に気づいてもらえなかったので「あのう」って声かけたら「お待ちくださいね……」と 言われてしまいました。しばし待ったら、無言で会計をしてくれて、とくにありがとうございましたとかも 言われずに終了。なんだか売ってもらった気がしないよ。
平日は閑散としている店なので、私以外にほとんどお客はいなかったし、寂しさ倍増。
やっぱり、店員さんは明るくて元気な人が良いね。

MOTHERは電源入れたときから(もっと正しくは、箱を開けたときから)大興奮です。
なんかアクションがあるたびに「ギャー!」と喜びの声?をあげてました。
ゲームボーイミクロの何倍もあるようなヘッドホンでいい音響かせながらプレイ。

【以下、ネタバレはないけど内容について触れてます】
[MOTHER3プレイ開始]の続きを読む

テーマ:MOTHER3 - ジャンル:ゲーム

MOTHER3買うぞ!
買ったらまた買ったネタでblog書きます。

ついに20日が、きたー!

MOTHER3
MOTHER3


買うぞ!買うぞ!MOTHER3買うぞ!
どうしても買いたいので、予約はしていない!(笑)今日買うぞ!
今日買えなくてもぜったい買うぞ!

もうamazonのゲームランキングで1位かぁ……
カスタマーレビューがもう70ぐらいついてる。まだやってもいない人がほとんどなんだろうに、 その状態で「レビュー」書くのがよくわからん。
レビューは見ないよ。多分やなこと書く人がちらほらいるだろうし、いいこと書いてあっても 明らかな間違いとかは見ると嫌な気持ちになるでしょ。だから見ない。
チラッと見ちゃったら、やっぱり嫌なレビューがあったし……

MOTHERと関係ないけど、レビューの「参考にならなかった」が選ばれた率が多いレビューは 消すか下がるかして欲しいよね。たまに見てもいないのに、「見てないけどこのスタッフは 嫌いだから作品も絶対最悪だろう」とかそういう内容のがついていると意味無いでしょ?
ほかのステキレビュー(同じ内容でも「前作もこのスタッフの作品では○○な部分が嫌だったが、 今回も同じ部分で嫌だったので悪い作品だった」など具体的ならステキレビュー内)が うもれちゃうじゃない。

某作品のレビューはひどかったな。アニメなんだけど、キャラクターを全部こきおろして 「僕の幼少時代にこのアニメを見せられたことは取り返しのつかない失敗」みたいな ことが書かれていて、そんなことこのDVD-BOXでいわれても……って感じでした。
「○○(キャラクター名)なんか、ただのふとった犬だ」とか書いてあったけど、 確かに太った犬のキャラなんですよね(笑)それが気に食わないんじゃどうしようもないよ。
あんまりひどかったのでその人のレビューまとめて読んだら、ほとんどが悪い評価。
amazonのレビューをストレス発散につかってるんじゃないだろうか(笑)

テーマ:MOTHER3 - ジャンル:ゲーム

実写版ちびまる子よかった
昨日テレビでやってた「ちびまる子ちゃん」実写版ドラマおもしろかったよ!
基本的に漫画の実写はアンマリ好きじゃなくて、それはドラマなのに漫画的なところが気に食わないのね。
大人ってまんがに似合わないんだな?といつも思ってた。まんがっぽい表現を大人がやると とたんに寒い感じ。お笑い系やコメディ、実力のある俳優さんなんかだと 漫画的表現もすごいはまるんですが、普通のカッコイイ・美人なだけの俳優だとまんがっぽいオオゲサな 行動が浮いて、かっこ悪いだけになるよね。

ところが昨日のちびまる子ちゃんは、アニメそのまんまの表現・キャラクターで実写になっていたのに、 その辺のわざとらしさが鼻につかなかった。わざとらしくないわけではない。あくまで「鼻につかなかった」という違い。
まる子は文句なしによかった。すごいよこの子。
まんがのまる子はかなり冷めてるイメージだけど、実は子どもらしいんだよね。 ムキになるところとか、笑いのツボなんかが。
その「子どもらしい」所を自然に演じてたと思うので凄い。

その他の人たちは、配役が絶妙というか、まさに「アニメの中から出てきた人」ってかんじ。
ヒロシ(父)の髪型とかムリヤリだし……(笑)
永沢君とか先生とか似すぎ。はまじも自然にアホでよかった。花輪君もまさにああいう人なんだろうな……と。
ただ、アニメに似すぎてたのは残念かもね。喋り方とか演技とか、かなりアニメそのまんまだった。

まる子を見てたら自分の子ども時代を思い出して恥ずかしくなってくるんですけどね。
似たような感じだった。

まる子が下校途中、ランドセルをおなかがわに背負ってる(背負う?)シーンがあったけど、 アレはもちろんやりました。やったのにも理由があって、
「前側にころんだときにクッションになるので安全」という画期的なアイディアからだ。
だけど後ろ側がおろそかになる。友達のを借りてみたりもしたけど、 とりあえず二個を常に背負ってなくちゃいけないので却下になった。
そういうさりげないところがさ……
最後のたまちゃんと喧嘩する話は泣けたよ。こういうベタな感動話は原作にもあるよね。
ベタだけど泣いた……ウォウウウォォ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ダヴィンチのコミティア参加レポート読んだ
メルプのページに作品紹介ページを作りました。
ここ最近の本が一望できます。
さすがに古いのや、少数存在する二次創作系の本ははずしましたがね(笑)

昨日「ダヴィンチ」の5月号買った。次の5月も参加する同人誌即売会「コミティア」の レポートが一般誌に載ってるってんで、興味しんしんですよ。
取材というかメインなのが呉智英氏なので、すげー不思議な感じの写真がたくさん。
でもコミティアは平均年齢が高いだろうから、違和感はないかもな。むしろ華をそえるかもしらん。

そんな呉氏がコミティアで買った本がなんだか濃くって、よく発見したなーという感じです。
こういう本は一部だと思うなあ、大多数はもう少しライトな感じです。

つぎのコミティアはゴールデンウィークだし、さらに来場者が増えるかな?
同人誌即売会が初めてだと戸惑うかもしれないけど、自分も作品を創ってる気になって 対等な目線で接したら大丈夫だと思いますよ。あまりなれない人がやらかしがちな 顰蹙を買う行動って、大体「同人誌を作ってる人を下に見てるか特別視してる」せい だと思うんだよね。
自分だって机の向こう側で、作った作品を売ってるかもしれないじゃない。ソレぐらい 普通の人たちなので、指差したり笑ったりしないでください(笑)

次回のティアマガでは私の作品も紹介されてるらしいし(これが一番楽しみ!誰かがコメント 書いてくれたってことだよね!)手に取ってくれる人が増えると良いんですが。
……新刊、まだ全然進んでないですが……そろそろヤバイ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

カラピュテレカの価値やいかに
先日自費出版大手の碧天舎が破産したとニュースがありましたね。
そのことについて検索してたら、へきてんしゃといえばビブロス、ビブロスといえばボーイズラブ、 って感じで語られているところが多かった。
ビブロスといえばもうひとつ「カラフルピュアガール」美少女ゲーム雑誌。
エロゲー雑誌といっても差し支えないと思うが、あくまで美少女ゲーム雑誌。
たしかカラピュは有害指定かなにかされたんじゃなかったっけ?よく覚えていなくてすいません。
今日の本筋はカラピュが有害かどうかということではないので。

本筋といってもたいしたことないのですが、
「私が持ってるテレホンカードで最高値のお宝はなんだろう?」と考えると、どうもこの 「カラフルピュアガール」の表紙テレカ(抽選プレゼント品)じゃないかと思うのです。
「カードショップトレジャー」 さんの販売価格では、カラピュ表紙テレカは6000エン?90000エンの値がついている。 価格の幅の広さは多分、表紙の絵師や絵柄によって需要が変わるのと、単純に在庫とか珍しさだと思う。
さて私が持ってる表紙テレカは……ない!だからあまり参考にはならなかった。

次に高そうなテレカは、ドラえもんのテレカで「おかあさん塾」の抽選もの。
これも60000円ぐらいになってるのを見たことがある。
どちらも私は懸賞で当てたテレカなので、元手は雑誌代のみ。
カラピュのほうはお金に困ったら売ってもいいと思うけど、そういうテレカほかに持ってないから なんとなくおしい気もする。人が欲しがる(かもしれない)ものとは、なんと魅力的なんだろう(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「暴れん坊本屋さん」など購入本
暴れん坊本屋さん (1)
暴れん坊本屋さん (1)

bk1で注文した本が届いたよ?。……本屋さんの本なのにリアル本屋で買わずにごめんなさい。
図書券廃止から基本的に本屋をボイコットしてる私。別に本屋が悪いわけじゃないのですが、 図書カード使いにくい>使わないと割引(金券ショップの使うから)なし>手軽にbk1でクレジットカードと bk1ポイントもらったほうがいい
っていう感じでネットに傾きがち……お店に置いてあるかわかんない本だとよけいに。

「暴れん坊本屋さん」の方の感想は、本読みブログホンヨンダ に書いておきましたので、興味がある人はどうぞ。

bk1で買った本が もう一冊あるけど、こちらはちょっと書くのがためらわれるなぁ。
こういう風に考えちゃうのが問題だと思うんだけどね、アンタッチャブルなイメージがあるのが 良くないよね。それで最近いろいろ本を読んだりして調べているところなんです……
それにしても京都市ひどいな(笑)

本自体はわかりやすくていいと思うんだけど、ちょっと斜め読みは危険だ。
「○○なのだ」と言い切られて「そうなのか!ひどいな!」と納得したのに、後に 「実は△△だと判明した」と逆転してることがあって、前のひどい印象のほうが残りやすいので、 キチンと結果を追っていくなりしないと悪いイメージばかりが残りそうだ。
ざっと読んだら、自分でも資料などを探して裏づけをとっておいたほうが良いかもしれない。

文庫判の加筆部分では、京都市の対応も改善されていると報告されていたりして良いところも ありました。京都市にも頑張って欲しいものです。私も一応税金を払ってるんだからさ?。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

サイン本コレクション?
今日は本当に書くことがないなぁ……
ムリヤリ最近あったこととかでも書くか。

◆かえるのリアルフィギュア買った
ガシャポン。かわいいぐらい本物そっくりで満足。

◆部屋の片付けをしつつ、文房具の整理
文房具の中でもネタ文具を拾い集める。たくさん買ってはその辺におき、地層が変化し、 何時の間にか埋もれていた。本などをどかして見たらいっぱい発掘された。 危なく化石になるところだった。

◆いままでの作品紹介ページを作ろうともくろむ
いままで沢山の本やグッズを作ってきたけど、一度もまとめて紹介したことがない。
「こんなんも作ってますよ」と名刺・作品ファイル代わりにチラッと見せることが出来る 一覧ページを作っておくと便利かもと思った。

◆サイン本が増えたなぁ
いろいろサイン本が増えてきてほくほく。基本的にサインなんて、好きな人からしかもらわないんだから、 どれもが宝物だ。
私の代わりにサイン会に足を運んでくれているお友達ありがとう。
まあ「サイン本コレクション」というジャンルもアリかもしれない。大きな書店や、 逆に小さな書店に行くと、サイン本を売っているのを見かける。ファンの人の手にわたるのが 一番良いと思うので、私は作家のファンでなければ買わないのだけど、どれだけたくさんの人のサインを 集められるか頑張ってる人もいるだろう。
色紙と違って本はかさばるし、飾れないのが難点だが。

そんな私のサイン本やサイン色紙なども世の中には結構存在する。(笑)
物好きな方などがもらってくれるのだ。契約書とか承諾書など以外ならサインしますんで お気軽にどうぞ(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「暴れん坊本屋さん」購入
暴れん坊本屋さん(2)
暴れん坊本屋さん(2)

本屋さんで働く漫画家・久世番子さんのエッセイ(実録?)まんが。 もともと本屋さんが大好きな私なので、客からは知りえない日常業務がおもしろいです。
かさばるフロクに悩まされる雑誌付録添付作業! とか、版元の営業さんのアレコレとか、 委託と買いきりとかそういう話が盛りだくさん。

……まだ一冊目だと思って買ったら2巻だった。2巻からでも問題なく読めましたが、これはぜひ 1巻もよみたい。
エッセイではコミカルなタッチでキャラクターが描かれているのですが、ちょこちょこ出てくる イラストは凄くキレイ。ギャグや細かいネタも笑えるし、ほかの本もだんぜん読みたくなりました。
bk1で数冊セットで買っちゃうかな。ポイントが当たったから太っ腹だよ!?

最近はエッセイから、同じ作者のほかの本も読みたくなる率が高いなぁ。
安野モヨコさんの「監督不行届」、コンドウアキさんの「フリーな二人」など。
作者本人がどういう人かわかると、作品に込められそうな気持ちがなんとなくわかるというか……

ところでこのコミックス、「ウンポコエッセイコミックス」でして、ウンポコという雑誌の 存在は知っていたのですが(桑田乃梨子先生の作品も載っているらしい)、名前からして ふざけてるというか買いにくいというか……
ウンポコってなんかどこかの国の言葉だかで、ちゃんと意味があったと思うのですが、 すいません日本では手に取りにくい名前ですごめんなさい。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

夢とか掲示板スパムとか
昨日、最近結婚する友達が多いような話をしていたためか、夢のなかで私も結婚していた(笑)
でも結婚したといっても別に結婚式の夢でもなく、
よくわからないのですが「いつもの集会場」に集まってたら八ヶ岳が見えて、 隣に座ってる男の人に「あれが私の好きな八ヶ岳だよ」と説明したら「そうなのか」と笑ってた。
どうやら男性は旦那らしい。

っていうか具体的にその男性は地元の友達なので、八ヶ岳を知らないわけがないんだが、 その辺は夢らしいというかなんというか。
ポケーっとしていたら、「お前熱があるんじゃないのか」と頭に手を乗せて、 「熱があるようなのでつれて帰ります」と私の手を引いて家(知らない場所だが家らしい)に つれて帰ってくれた。やさしい旦那だ。
「家ですこし休んだら、いつものミネレオード前までバスに乗るからね」といわれた。「ウン」とか 言ってたけどミネレオードって何だ!夢の中で停留所も見た!

その友達はいま何してるかあまりわかんないけど地元にいるんだったと思う。
実際に、そんな感じでやさしくしてくれるんじゃないかという気もする。
いま思い返してみると、小さい頃は地味に見えた少年たちは、いまなら魅力的なやさしい男性に 成長しているんじゃないかと思うことがある。
とくに、変だった少女時代の私すら受け入れてくれた数少ない人たちなど、いまならどう接してくれるんだろうと 思うと、ひさしぶりにあいたいなあと思う……


掲示板はおとといから稼動させておいて、少々目を話したら1日半で47件も宣伝書き込みがあった。 うちのサーバ提供の簡易掲示板じゃ防げない。どこか高機能の掲示板を借りて、そこを稼動させようかな。
いまの掲示板のURLだけ標的になってるんだったら、旧掲示板は停止したまま、新しい掲示板を リンクさせればすむ話なんですが。
レスを付けるタイプとかツリー型の掲示板好きじゃないからなぁ。なかなか条件にあった掲示板が 見つからないのですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ワンピース41巻読んだ
ONE PIECE 巻41 (41)
ONE PIECE 巻41 (41)

ウオーン!ロビン姉さ?ん!
41巻ではロビンの過去話で一冊のほとんどが埋まってるんですが、何もかもが泣けますね。 ロビン、かわいそうだけど、今度こそ仲間にあえそうで良かったね!いまの戦いが終わってから ロビンがどう変化するか楽しみです。しかし長そうだな、敵も沢山いるし、仲間も沢山だから 見所をそれぞれに作ろうと思うと時間かかりそう。
それにしても41巻かぁ。長いなぁ。それでもどこを端折ればいいかといえば思いつかないんだよなあ、 なんだか長く感じるシーンはあるけれど、そこを端折ったら「のび太の恐竜2006」みたいになるし(笑) (旬のネタを織り交ぜ)

ロビン姉さんは大人っぽいんだが私と同い年か。というか私が大人っぽくないのか……

それにしても、みんな大変な過去を持ってますね。
ロビンの過去もかなりきつい。ナミもきつかったけど匹敵するかそれ以上かもなぁ。
ウソップも結構きつかったよね。ウソップは今でも苦労してるしね……
チョッパーもサンジもつらい過去がある。
ルフィはいまのところ、恩人に助けられた過去意外はノー天気に生きてるけど、 実際血筋がスゴそうな雰囲気が……孫なの?孫なのか?

そう思えばゾロが一番、過去を語られなかった気がします。語り尽くしたけど、さらっと。
大事な人が死んでいるけど、殺されてしまったわけではない。
まあ、そういうところで命ははかないんだなぁとおもうのでもあるのだ。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

近所の本屋閉店
近所の本屋さんが閉店しちゃったんで残念。
小さい本屋さんやセレクト本屋、古本屋はいろいろあるけど、「普通の本屋」が意外に ない街なので、これからちょっと不便だな。

今日も雨です……かなり強く降るようなので、桜が散るかもしれないですね。 まだまだ花がしっかりしているので大丈夫だとは思うのですが。
この雨の中、桜の木の下でシート引いてお花見したらスゴイですね……

テーマ:日記 - ジャンル:日記

円山公園へ花見に
昨日は桜を見に、京都の名所へ……スゴイ人ごみで、イヤでした(笑)
人が沢山集まるとゴミも多いので、丸山公園なんかひどいありさまです。 ゴミがたくさん散乱していると、その辺で花見してるみんなが悪者に見えてくるから不思議ですね。

屋台のたこ焼き食べ終わって、ゴミをどうしよう……と悩んでいたら、屋台のおじさん?が 飛んできて、回収していってくれました。(笑)こういうサービスはありがたいです。

今日は結構雨っぽいので花見もなかなか出来ないとは思いますが、京都はまだ満開ぽいので 少なくともあと数日は見られるかな。
今度の週末あたりは、鞍馬・貴船方面なら満開になってるかも?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あうーMOTHER3
いい天気ですね?。京都は桜も咲きましたよ。
ようやく四月っぽくなりましたね。今年は冬が長かったなぁ。

四月三日には皆さん入学式や入社式があったとかで、私には縁遠いお話なのでサッパリ 実感がわきません。新年度なんですよね……

二十日にはMOTHER3が発売されるので、楽しみなんですが、あまりお金がないので いつ買おうか迷ってるところです。ぜひ発売日に買って、抱えてもって帰りたい。
予約はイヤだ。予約すると忘れるし、もう買った気分になるのに手元に商品がないし、 手にいれたときにズルをしたようなきぶんになって落ち込みそう。
というか、悪いことをしたようなきぶんにすらなりそう。なんでかわかりませんが、 とにかく予約はイヤだと思うんです。

ゲームボーイミクロはもう持ってるのに、MOTHERバージョンのミクロが出るんですよ。
真っ赤でかっこいいんですが、今持ってるファミコンタイプもお気に入り。
二個あってもしょうがない。

ほぼ日のMOTHERコーナーで画像とかが見られるんですが、本当にGBで発売されてよかった。 ドットドットしたキャラクターやマップがたまらん! かわいい! 

MOTHER3
MOTHER3


パッケージも真っ赤!真っ赤!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

作品作りすすんでない
うわー、もう5日か。次のイベントまでもう1ヶ月しかない。まだ表紙をチョコっと書いただけ (まだ完成ではない)のところでとまってる。部屋の片付けに手間取ってるので、 なかなか制作できる状況にならないというのが主な原因ですが……

昨日は大丸京都店の「ドラタウンinキョウト」に行ってきました。詳しい話はドラ&藤子日記 のほうに書きました。よかったら読んでみてください。
ホンヨンダも更新しました。数ヶ月に一冊しか本を読んでいない人みたいな状況ですが、 そんなことはなく、沢山読んでますよ!

会社でも文章系の更新をいくつかしているので、ネット上に私の文章が増えてきましたな。
大して上達しないのはなんででしょうね……

文章といえば、こないだ「ブラックドウワは後味が悪い話ばかりなのか?」
と思っていくつか自分で読んでみたら、確かに後味の悪い話ばかりでした(笑)
私の好きな藤子不二雄(両方)先生の短編漫画は、後味が悪いというか、話の終わりにイヤーな 展開が待っている作品が多いと思うんですよね。「うわー、怖い!」っていう、ホラーじゃなくて しみじみと感じる、リアルな怖さというか。
ああいう作品が好きなので、自分の作品もそんな感じを目指してしまうんでしょうね。

大体、気分が落ち込んでいるときのほうが創作に力が入りますので、そういう状態の時は 暗い話や最後に陥れるような話が多くなりがちなのだと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ツンデレ
「あだち充の『クロスゲーム』ヒロインはツンデレ」という記事をヤマカムさん(という漫画ネタサイトさん)で 見かけました。あだち作品の他のヒロインについてもツンデレレベルを量っておられ、 興味深い内容でした。

 ちなみにツンデレというのは最近流行の言葉で、「本当は好きなのに素直になれずに見た目はツンツン しているが、本心はデレデレ」という状態を指すようです。(説明しづらいなぁ……)
 この日記でも「イタkissの入江くんはツンデレ」と書いたところ、「入江くん ツンデレ」という 検索ワードで訪れる人が結構いらっしゃいます。
入江くんツンデレ説を探している人がいるようです。
入江くんの場合は、最初はこれ以上ないぐらいのツンツンぶりですが、そのうち人目をはばからず チューしたりとデレデレッぷりが激しくなりまして、後期はツンデレとはいえないかもしれません。
そのデレデレ=甘々なところが読んでてイイんですけどね。

 こないだ道を歩きながら、高橋留美子の漫画ヒロインもツンデレだなぁと考えていました。
らんま1/2のあかねちゃんなんか相当ですよね。アレは乱馬も含め、お互いに強力なツンデレです。
「うる星やつら」では、逆にあたるくんがツンデレですよね。わかり安すぎる。ラムちゃんにだけ ツンツンしてるんだもん。
「うる星?」だと、中盤からの「ラムとあたるはなんだかんだいっていつも一緒」なところが ほのぼのと良いんだよなぁ。あたるがラムを追っ払わなくなって、散歩やお出かけも 何気に一緒にいるんだよねえ。

「パーマン」のパー子(パーマン三号)も結構ツンデレ。一号が好きなのに、からまわりして 乱暴なことしたり女の子らしくないところばっかり見せちゃって、笑われて、怒ってる。
パー子にしてみれば、そういう自分らしさを唯一見せられるのがパーマンの仲間なんだよね。
マスクをかぶったときだけ本来の自分に戻れる、というほかのメンバーとは違う立場が新鮮。

私も漫画ではツンデレが好きだし、実際の異性にもツンデレで接されるのは好きだ(笑)
(大人になっても好きな人にツンデレっていう男性はイマイチかも……?)
高校のときとか、「あの人私にだけ妙に冷たいけど、もしかしてすきなのかしら」とか 妄想するの好きだったな(笑)友達に「冷たい態度なのは、あんたのこと好きなんだよ!」と 必ず言う子がいたので、半分その気になっていたというのもあります(笑)
でもツンツンしてた人が本当は私のことが好きだったという話は聞いたことがありません……
私はどちらかというとデレデレタイプなので、好きな人には直ぐデレデレします。 ツンツンすると、あとで素直になるのが恥ずかしいからねえ……
漫画ではその「素直になれない」ところが「萌える」んだけどね。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

お部屋片付け
部屋を片付けたい欲がたかまってきたこのごろ。

某所で見かけた、「25個ルール」で片付けを開始。
何かをきっかけにして、部屋の中のものをとにかく25個片付けるっていうルール。
きっかけは何でもいい。朝起きたら、とか、寝る前、とか、ご飯食べたら、などなど。
とりあえず朝起きてシャワー浴びてから25個片付けてみた。
散らかってる部屋を見れば、25個じゃ追いつかないなぁと思うのですが、確実にキレイになるのです。 25個は結構多い。何度かやってるうちに、直ぐに片付けられるものが見つからなくなってくる。
そのように、片付けの手詰まりが速いのも散らかってる部屋の特徴かもしれません。
「あそこを片付け始めたら25個じゃ終わらないって言うか、無理だよなぁ……」と 思い始めてしまうと手が止まる。今回は出来るだけ続けたいと思う。

普段汚部屋に住んでいる私でも、創作活動を本格的にやる時は散らかっていると出来ない。
気分というより、資料が埋まる・作品がいたみやすい(突然のなだれなどで)というのが 理由だ。作業は何もかも広い場所があったほうが良い。

4月になったので、あちこちで新しいことが始まったり決算があったり。
イーバンクの利子は6円つきました。(笑)この半年間、30000円弱を預けていたのです。 3万円で利子が6円なんだから、最近の銀行の利子としてはかなりの高利子ですな。
ネット関連の入金をコツコツためてたんだけど、 こないだここのサーバ代でほとんど使っちゃったから、次の利子は少なそうです。 またためておかなくては。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「医龍」11巻読みました
医龍 11―Team Medical Dragon (11)
医龍 11―Team Medical Dragon (11)

届きました。読みました。
今回もまた、変なところでコマ数をかけて表現する手法にかなり笑いました。
ストーリーとしては、あまり進まなかったかな。加藤助教授、いよいよ教授選挙に……!って 感じなんですが、そもそも最初が「私が教授になる!」っていうところから始まってるんだから、 11巻でいよいよ選挙活動開始!ってのもすごいと思うんですが。

11巻の見所は、
手術後に(2ページかけて)ハサミを投げ落とす朝田先生とか
スパゲッティ(ナポリタン)すするのに3コマかける野口教授とか

ところで、加藤助教授はストイックなまでにお団子の髪型をしていますね。 かわいいので良いのですが、毎日大変そうです。春麗に似ていると思います。
扉では毎回のように、朝田先生の筋肉が披露されています……
朝田先生かっこいいなぁ。頼りになる人好きだから、こんなに危ない橋を渡りつつ いつも堂々渡りきる朝田先生好きだよ。身近にいたら惚れること間違いナシです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「さんさん録」読みました
4月1日になっちゃった。もう今年も始まったばかりとかいえない。
今年の活動がだんだん積もり積もってなくてはいけない時期だ。

そういう点では今年はなかなか盛りだくさんだ。去年も大変おもしろい一年だったんだけど、 今年もなかなかおもしろい一年になりそう。
作品をがんばってたくさん作れば、なんかいいことあるんだね。

とか言いつつ、いまはやる気はあるけどやってないという状態。
やる気がある分だけ、やった気になってるところもヤバイ(笑)

さんさん録 1 (1)
さんさん録 1 (1)

読んだ。これもまたおもしろかった。
爆発するおもしろさじゃないけど、なんだかしみじみと何度も読めるおもしろさだ。
普通、漫画は読者に共感を持ってもらいやすいように、読者の年齢にあった人物が主人公に なることが多いと思う。
この「さんさん録」の主人公は、定年もすぎて、妻に先立たれた男の人。60歳ぐらい?
その「参さん」が息子夫婦と一緒に住むことになって、なにやら家事を手伝うことになったけど、 いままでは妻任せでなにもわからない。そこで妻が残した魔法の書「奥田家の記録」が活躍。
生活の知恵や手順が様々に書いてあり、参さんはそれに助けられて、家族を手助けする 新しい生活をはじめたのです。

ある意味「魔法アイテムを手に入れた主人公の物語」とも言えるし、生活の知恵を知ることが出来る ノウハウ本としても読めるかも。
「ドラえもん」みたいでもあるよね。不思議なポケットみたいに、役立つ知恵を取り出せる いそうろうのドタバタ(おじいさんだからあまりドタバタしないけど)生活ギャグともいえる。
生活するってことは地味だけど、やっぱり基本なんだなぁと思いながら読んでる。
自分も五人目の家族になった気分になれます。

孫娘の乃菜ちゃんが、虫好き寡黙不思議少女なのも魅力的。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。